建築学科

  • 入試関連
  • 学科別
  • 大学について

建築学科

建築学科についてですが、説明では「工学部と違ってソフト面を重視する」だとか「美しさを追求する」とありますが、カリキュラムを見ると工学部の建築学科とどう違うんだろう?と感じてしまいます。学ぶ事で工学部の建築学科と具体的には何が違いますか?教えてください。
建築というものを「工学」ととらえるか「芸術」ととらえるか、という大きなお話になりそうです。まず、カリキュラムに関しては、1年次の必須科目として「造形計画演習」「設計基礎実習」という科目を置き、造形に対する基礎教育を行い、2年次以降も「建築設計実習」などの設計能力を鍛える実習系の科目が数多く設置されていることが、工学部系の建築学科と違う点だと考えます。また、大きく違う点は、入学試験の違いでしょう。他大学の工学部に属する建築学科では物理や数学の学力試験、さらに一部では小論文の試験などを課す学校が多いと思いますが、芸術系の建築学科では物理や数学、小論文の他に、デッサンや造形の試験を課す学校があります。この違いは大きく、芸術系の教員がおられるかどうかという違いを表しているのではないかと思われます。大阪芸術大学の入学試験では、専門試験はイメージデッサンまたは小論文で受験して頂きます。イメージデッサンでは"イメージを表現する"能力を、小論文では"構想を表現する"能力をみています。入学後のカリキュラムには、工学部系の建築学科と同様に、建築に関する歴史、法規、設備、構造力学などの科目が含まれており、芸術学部の建築学科においても建築士試験の受験資格が得られるようになっています。しかしそれだけではなく、本学の芸術学部には、美術・デザイン・工芸・写真・映像・音楽・舞台芸術などの多岐にわたる芸術系の学科があり、それらの学科の教員・学生との交流も建築学科の学生にとって大きな学びの契機となることが期待されます。
  • 美術学科
  • デザイン学科
  • 工芸学科
  • 建築学科
  • 写真学科
  • 映像学科
  • キャラクター造形学科
  • 文芸学科
  • 放送学科
  • 芸術計画学科
  • 舞台芸術学科
  • 音楽学科
  • 演奏学科
  • 初等芸術教育学科
  • 教養科目・専門関連科目
  • ご意見・ご質問はこちら
ページトップ